2007年09月15日

夏目雅子 デビュー後の主な経歴

夏目雅子さんが活躍していた頃は
私が幼かったこともあり、知らない作品がたくさんあります。
一番良く見ていたのが、『西遊記』です。

学校から帰って家で再放送を良く見ました。


1976年 ドラマ『愛が見えますか』(愛のサスペンス劇場:日本テレビ)の
オーディションで486人の応募者の中からヒロインに選ばれ、
本名の小達雅子で女優デビュー。

1977年 カネボウ化粧品のキャンペーンガールに選ばれ、
『クッキーフェイス』のCMで注目を集める。
東映『トラック野郎』6代目マドンナに抜擢される。

1978年 NHK大河ドラマ『黄金の日日』に出演。
日本テレビ系「西遊記シリーズ」では意外にも三蔵法師役を演じる。

1982年 『鬼龍院花子の生涯』に出演、『なめたらいかんぜよ!』の台詞と事務所の反対を押しのけてヌードになり、話題となる。

1984年 作家伊集院静と結婚。

1985年 舞台『愚かな女』の公演中に体調不良を訴え、緊急入院。
急性骨髄性白血病で約7カ月もの闘病生活をし、順調に回復していたが、
抗がん剤の副作用が原因とみられる肺炎を併発し、
1985年9月11日突然逝去。27歳の若さだった。

「美人薄命」そのものの生涯だった。遺作は『北の螢』。菩提寺は、防府駅近くの大楽寺、多磨霊園の小達家の墓に分骨もされている。
posted by 肘肩としだぞう at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。